2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(一応)新婚旅行!アドリア海・エーゲ海クルーズ 事前準備① クルーズの予約編

新婚旅行に、
「MSCマニフィカ エーゲ海・トルコ・クロアチアクルーズ 7泊8日」
に行ってきました。
いまさら「新婚旅行」っていう感もありますが、
「新婚旅行」っていうだけで、
職場の誰にも文句を言われづに長い休みが取れちゃうわけです(爆)。
そういうわけで、「新婚旅行」を口実に長い休みを取り、
初めてのヨーロッパ旅行となりました。

今回、はじめてヨーロッパ方向への旅行、初めてのクルーズ体験でしたので、
事前にネット等で情報収集しましたが、意外とわからないことも多かったです。
例えば、オフシーズンの天気とか気温とか、あまり情報がありませんでした。
何を着ればよいのかイマイチ見当がつかず、
やや多めの衣類を持ってく羽目に。。。
そこで、自分へのメモも含めて、旅行記を書こうと思います。
同じような旅行をする方の参考になれると嬉しいです。
(途中お休みがあるかもしれないけど、気長にお願いします)
急遽結婚し、転居したのが春でした。
普通は結婚式→新婚旅行っていうのが順序ってことになってますが、
この頃は手続きやら引越しやらで忙しくて、とても旅行なんて無理でした。
でも、せっかく長く休みをとれるチャンスです。
2人で秋には旅行に行こうと決めていました。
。。。、といっても行き先は全く未定です。
なので、まずはネットで情報収集です。
長い休みなので普段はいけない所に行こうというのがキーワードです。
アジアの秘境でダイビングも捨てがたかったのですが、
新しいことをしたいっていう気持ちも強かったので、
今回はダイビングはパスとしました。
それぞれ、PCチェックをしたところ、

うに案:ハワイで乗馬をする
なおちゃん案:地中海クルーズ

が、提案されました。
実は地中海クルーズが比較的安く行けることは以前から知っていました。
個人的にはヨーロッパってあまり興味がなかったのですが、海や船は別です。
地中海の島々なんて楽しそうじゃないですか。
フランス料理は食べれなくても、イタリア料理は口に合いそうな気がします。
。。。って、日本のいわゆるイタメシしか食べたことないんですけど(笑)。

さらに調べていくと秋の地中海はシーズンオフだということがわかりました。
そして、地中海も西側と東側でコースが分かれていることや、
エーゲ海とかアドリア海とかのクルーズも発見。
2人が休めそうな日程とクルーズの日程をにらめっこして、
もちろん料金チェックもしていくつかのクルーズに絞って行きました。
(もちろんあたしたちのプランはお安い物が大前提です)
この作業中にうにがイスタンブールに行ってみたいと言い出したので、
イスタンブールに行くクルーズを調べていたら、
MSCマニフィカが2010年就航の新しい船ということがわかりました。
どうせ乗るなら新しい船のほうがきれいそうで良いですよね。
そこで、今回のクルーズに焦点を当てて検討することになりました。
調べているうちに、クルーズを取り扱っているところも少ないことが判明。
その中で横浜に代理店がある
クルーズプラネットに話を聞きに行くことにしました。
なにしろ、初めてなので何もかもがわかりません。
1回くらいは実際に説明してもらうことが必要です。
お店は小さいスペースの中に受付の人が1人いるだけでしたが、
最近のクルーズ人気からか、それなりに人が来ています。
ここで、説明を聞いているうちに次のことが分かりました。

1.パックツアーで申し込むと乗船日の午前中に観光ができない。

  不慣れなので、航空券の予約やホテルの予約は、
  お願いしようと思っていたのですが、
  これだと乗船日はホテルから船に案内されてしまうため、
  観光は不可能なことが判明。
  ホテルの場所はパックツアーだけあって選ぶことはできないそうです。
  大抵のパックツアーはヴェニス対岸のメストレという町になるみたいです。
  メストレからヴェニス本島には橋を渡るとすぐなのですが、
  さすがに徒歩は無理。
  電車かバスを利用することになります。
  ヴェニスからメストレまではバスで15分位、電車だと7分だそうです。
  バスは夜遅くまで動いているので移動の問題は無し。
  もちろん、割引チケットなどもあります。
  メストレはヴェニス本島に宿泊するより割安で、
  スーパー等の物価も安いらしいので、長い滞在には利用価値がありそう。


2.アジアと違ってヨーロッパは予約システムが整っている。

  航空券などはネットで予約できることを教えてもらいました。
  乗り継ぎなども考慮されているため、意外と簡単に予約できるそうです。

3.円高

  クルーズ代金はUSドル決済なので、円高の時期はお得感があること、
  クルーズ代金は早めに予約するほうが、
  同じ部屋でも割安になることを教えてもらいました。
  クルーズ船は部屋のカテゴリーがいろいろあります。
  自分に合った部屋を選びたい時には直接申し込むほうが確実だそうです。

こんなことを聞いているうちに、
個人旅行のほうが自分達の好きに出来そうだし、
予約も何とかなりそうな気がしてきました。
一応お昼を食べながら相談をしましたが、
パックツアーはやめて個人旅行に即決。
そのまま、クルーズの申し込みをし、手付金を払ってきました。
私たちはかなり前向きに検討していたので、
パスポートも持参し申込書をその場で記入してきましたが、
予約はFAX、Eメール、電話で受け付けてくれるそうです。
以下にクルーズプラネットの予約から出発までの流れを書いておきます。

1.予約

  予約は来店、FAX、Eメール、電話で受け付けてます。
  以下の5点が必要です。
  ①出発日 ②希望する船名 ③希望するコース名
  ④キャビンタイプ(部屋のカテゴリー)
  ⑤名前(パスポート記載名)

  希望のキャビン(船室)が取れると確認の連絡がきます。
  その後、申込書類一式と予約金の請求書、予約内容確認書類、
  旅行規約等の説明書類、旅行保険の案内等々が送られてきます。
  予約金を払い込むと旅行契約の成立となります。

2.「旅行申込書」の返送

  送られてきた「旅行申込書」に必要事項を記入し、
  パスポートのコピーと共に返送します。
  私達は申し込みませんでしたが、
  旅行保険なども同時に申し込むみたいです。

3.残金の振り込み

  出発2カ月前くらいに残金の請求がきますので、
  指定期日までに振り込みます。

4.最終書類の送付

  旅行の1週間前位に「乗船券」もしくは「乗船引換券」が届きます。
  これを持っていかないと船に乗れないので、とても重要な書類です。
  その他に寄港地の地図、クルーズガイド(簡単な案内書)、
  エクスカーション(オプションとなる寄港地観光ツアーのこと)の案内
  などが送られてきます。
  エクスカーションは船上で申し込むことになるのですが、
  申し込みが多いと参加できなかったり、
  乗船2日目のエクスカーションの締め切りは、
  乗船日の夕刻までだったりするので、
  日本語説明書をよく読み、
  参加予定がある人は検討をしていったほうがよいと思います。
  ちなみに私達はあらかじめどのエクスカーションに参加するかを決め、
  ツアー番号に丸までつけてゆきました。
  ただし、その書類を持ってく行くのを忘れちゃったんですけど(爆)。  
  
そして気になるお値段ですが、1人当たり、

クルーズ代824USドル
ボートチャージ150USドル

でした。
スポンサーサイト

* コメント *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pterapogon.blog10.fc2.com/tb.php/594-fba901a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(一応)新婚旅行!アドリア海・エーゲ海クルーズ 事前準備② 飛行機&宿の予約編 *TOP* グランプリシリーズ フランス大会

プロフィール

なおちゃん

  • Author:なおちゃん
  • 子供の時からの人生計画になかった結婚を機に、さらにこだわらない性格に進化中。今まで興味がなかったことも、なんだか気になる今日この頃。。。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。